治験に関連する病院や治験の参加情報などをまとめています

治験に関する注意点

治験に関する注意点

治験を受ける際には、いくつか注意点があります。注意点を正しく知っておくことで、新しい薬の開発に寄与できるチャンスがより膨らみます。

国籍について

日本国内で行われている治験は、原則として日本国籍を取得している人を対象としておりますので、日本に滞在している外国の方が日本国内の治験に参加しようと思っても、それはできません。

また、日本国籍を取得している方でも、ハーフやクオーターの方が日本国内で実施されている治験に参加することはできません。これは、日本国内で薬を使えるようにするためには、日本人に対するデータが必要だからです。白色人種や黒色人種は日本人とは遺伝子配列が異なるため、正しいデータが取れないからです。

これは、日本人が海外の治験を受ける際にもほぼ同じです。ただし、日本国内の治験でも、外国人を対象にしたものがまれにありますので、探してみるのもいいでしょう。

施設の移籍について

日程などの条件が良い治験があれば、施設を問わずに参加してみたいと思うのが身上ですが、治験に関してはそこにも制限がかかってきます。治験の参加者は、治験を実施する施設で登録をしなければなりませんが、1人が同時に登録できる施設は1か所だけです。

以前Aという施設で治験を受けた人が、今度はBという施設で治験を受けようとしても、Aに登録されているためにBの治験に参加することはできません。この際、AからBへ登録を移籍させるための作業が必要となりますが、これは治験の重複登録を避けるための措置です。

施設によっては、一度退会した人が再登録するのを認めていないところもありますので、施設を選ぶ際にはその点を考慮して選ぶといいでしょう。

女性の治験について

実は、治験で圧倒的に多いのが男性を対象とした治験です。女性を対象にした治験はほとんどないといってもいいでしょう。これは、女性は赤ちゃんを産む機能が備わっており、被験薬を投与して赤ちゃんに万が一の悪影響が出るのを避けるための措置です。

女性が治験を受けられるとしても、そのほとんどが赤ちゃんを産む可能性のない閉経後の女性を対象にしたものです。そうでない女性を対象にした治験となりますと、入院を伴うものはほぼ皆無で、通院して行う健康食品、コスメなどの治験といったところでしょう。

しかし、月経が困難な方を対象とした薬の治験の場合、もちろん対象者は月経のある女性となりますので、可能性はゼロというわけではありません。